teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ヨシノソウ

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年10月21日(火)13時58分43秒
返信・引用 編集済
  ◇秋の野草『吉野草』が咲きました。カールする花びらが可愛いです。
花色はこのピンクと黒色(厳密には濃茶色)があります。

(写真を拡大して見るには、画像をクリックしてください)

 
 

ただようかおり

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年 9月30日(火)18時25分16秒
返信・引用 編集済
  街角を歩いていると、どこからともなく良い香りが匂ってくる。
柑橘系ともいえるいい香りだ。
あたりを見回すと、樹木の中に小さな黄色の塊の花が目に入る。

その名は「キンモクセイ」。
秋の深まりとともに香りが漂う。
樹木の下を通ると、一段と香りが高まる。

紹介画像から香りをお伝えできないが、
想像なりでぜひ味わって欲しい、この季節の香りの風物詩です。

(画像は、クリックで拡大できます)
 

サギソウ乱舞

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年 8月21日(木)07時18分27秒
返信・引用
  今年の夏は雨模様が多く太陽が覗く時間も少なく、例年とは雰囲気が違う。
ただ、庭の「サギソウ」はいつもの可憐さと豪華な乱舞で、目を楽しめさせる。

残暑も厳しい折、涼やかさを眼で楽しんでください!
 

関西空港「スカイビュー」

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年 7月30日(水)19時19分3秒
返信・引用 編集済
  ◇「関西国際空港」-ご存知の様に海外旅行の出発・到着の関西の拠点。
この目的で利用する人は大勢いる。

しかし、ここを日帰り観光に選ぶ理由に、一つの拠点がある。
それは「関空展示ホール・スカイビュー」。
7月下旬の暑いある日、初めて訪れてみました。

◇場所は旅客ターミナルの東側、連絡バスで10分ほどの関空大橋のほど近く。
4階建ての建物は、飛行機の離着陸がナマで観察できる。
飛行機の駐機場(旅客ターミナル前)の全容が目の前。

ここは飛行機を撮影するファンのベストポジションにも。
訪れた日も、多くのカメラマンがそれぞれの場所を占めファインダーを覗いていた。
ガラス越しでない離陸・着陸のエンジン音が体を震わす、臨界感も体験できる。

◇「関空展示ホール・スカイビュー」の詳細は関空公式サイトで見てもらうとして、
当日、管理人が撮影したなかから2枚の画像を紹介します!!
雰囲気をお楽しみ下さい。
(注)写真1‥「コリアンエヤーライン」の到着便
   写真2‥「旅客ターミナル」前の駐機場に待つ各国の飛行機
            ※超大型航空機「タイ国際航空エアバスA380」の姿も

 

ユリの木の花

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年 6月 2日(月)18時23分44秒
返信・引用 編集済
  「ユリの木」ってご存知ですか?
公園、街路樹によく利用されている樹木です。
樹高15m~20m位の木です。
葉が広いため、陽をさえぎっていい木陰を提供してくれます。

その木にこの時期、写真の様な花が咲くのです!
まず写真を見ていただきますか!

形・花側面の模様など、樹木から想像できないユニークな花が付きます。
写真をゆっくりご覧ください!

実際に花を探すときは必ず上をむいて下さいね。
“上を向いて歩こう”!!!

※写真を拡大してご覧の場合、画像をクリックして下さい。
 

オドリコソウ2題

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年 4月28日(月)14時31分0秒
返信・引用 編集済
  山野草のジャンルではないかも知れませんが、少なくとも「野草」類には入ります。
我が家の庭で今満開です♪

踊り子たち(たとえば阿波踊りの踊り手たち)がかぶる編み笠ににた花の姿。
それが輪になっている形に花が連なります。

今回、画像は2枚アップ。
1枚目はピンクの色模様。艶やかな感じがします。

2枚目は黄色のオドリコソウです。
この黄色種はヨーロッパ原産のようで“ツルオドリコソウ”と呼びます。
画像的にはソフトフォーカスレンズ風に画像処理してみました。
雰囲気いかが!?
今、庭の一角がこの種で彩られています♪
 ※写真をクリックし拡大してご覧ください。

 

マンサクの見ごろ

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年 3月11日(火)11時19分13秒
返信・引用 編集済
  春告げ花の第2弾「マンサク」です。
葉より花の方が先で、黄金色の花びらを見事に魅(見)せています。
その黄色が陽光に輝き、一段と暖かさが感じられます。

「トキワマンサク」という種類もありますが、こちらは葉の茂った中から
えんじ色の花びらがのぞきます。「マンサク」とは大きく雰囲気が違いますネ。

ロウバイ、レンギョウ、サンシュウ、パンジー、ミツマタ、等々
春先に咲く花は黄色い花色が多いようですが、どうでしょう?
※このマンサクは微かな香りも楽しめます。
 

ロウバイ-花の見ごろ

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2014年 2月 5日(水)21時18分36秒
返信・引用 編集済
  ロウバイの花の見ごろを迎えました。
この4日に「立春」を迎え、いよいよ春告げ花の活躍です。

原産地、花言葉は当方のホームページトップをご覧ください。

蝋細工のような、やや透き通った花びらはまさに花名通り。
これで香りもなかなかのものです。
それは、ウメの香りとスイセンの香りをミクッスした様。(個人の感想です)
木のそばに近よれば、ほのかに漂ってくるのがまた魅力です。
※写真は全体像と一輪アップの2枚です。
写真をクリックし拡大してご覧ください!

 

スズメウリの実

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2013年12月20日(金)13時26分11秒
返信・引用
  夏に目立たない黄色い花を咲かせた「スズメウリ」。
秋になり可愛い白い縞の入った実が付きました。

しかし、なかなか赤く熟れないため、切り取って室内で乾燥してみました。
1か月後の姿が写真の様子です。(大きさは10円玉を参照)
いまだ熟れない実もありますが、しっかりと完熟した実も出てきました!
緑と真っ赤な色のコントラストも素敵なものです(^^)

ちなみに完熟した実の中からは、写真2枚目の様な種が出来ていました。
これが来年芽をだし、また伸びてくれるのかな。
 

センニンソウの進化

 投稿者:ブログ管理人  投稿日:2013年12月15日(日)12時10分55秒
返信・引用
  「センニンソウ」(キンポウゲ科)の暮12月の姿!
名前の由来が見事に表われました。

果実から長く伸びる羽毛様のヒゲ、まるで仙人のヒゲではありませんか!
この様子から“センニソウ”と名が付けられました。
残暑時期の花の頃から晩秋~暮での種の状態まで、よく観察されて命名されたと
感心します。

花の観察も長い目で見てると、なかなか味がありますね♪
※開花時、清楚な姿で目を楽しませてくれた写真も添付しま~す!
 

レンタル掲示板
/20