teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 船外機(14)
  2. 船外機(1)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


RE:チェックランプ

 投稿者:マリンキッド  投稿日:2017年11月17日(金)21時11分24秒
  ダイアグノーシスコード3-1は、ISCバルブの調整不良です。調整の仕方は機種によって異なります。機種名とエンジンナンバーまたは年式をお知らせ下さい。

http://marinekidd.com/

 
 

チェックランプ

 投稿者:イトケン  投稿日:2017年11月17日(金)08時58分56秒
  3回に次に1回点くチェックランプはどの様な状況なのか?アイドリングが低くエンジンがたまに止まります!ニュートラル状態の時ですが。教えて下さい!お願いします  

Re:DF50

 投稿者:マリンキッド  投稿日:2017年11月16日(木)18時28分8秒
  充電機能に障害があります。レクチファイアーレギュレータの故障の可能性が大ですが、詳しくは販売店に調べてもらってください。3000rpmで回転規制が入るのは低電圧によるECM(内蔵コンピュータ)の誤動作によるのもと思われます。

http://marinekidd.com/

 

DF50

 投稿者:バリアント  投稿日:2017年11月14日(火)00時33分50秒
  マリンキッド様
ご回答ありがとうございます!エンジンオフで魚探のみの状態で11.1vでした、運転中もほぼ上がらず逆に10.9vまで下がり魚探からの電圧警告がなってきました。無駄な電圧を抑え運転だけにして航海すると、3000回転超えるリミッター起動、時々エンジンが吹き上がり何もなかったように5200回転絶好調の場合もあり…。といった状況でした。
 

Re:DF50

 投稿者:マリンキッド  投稿日:2017年11月13日(月)22時06分30秒
  バッテリー電圧が下がることでリミッターが作動することはありませんが、電圧低下によって搭載コンピュータの動作が不安定になって、回転が下がったり、エンストしたりする可能性があります。充電器で充電してもすぐに上がってしまうようなバッテリーはもう寿命です。3年程度で交換するべきでしょう。船外機のオルタネータの良否は、エンジン運転中のバッテリー電圧が13~14V あれば良しと言えます。魚探などにも電圧が出ると思いますので確認してください。

http://marinekidd.com/

 

スズキDF50

 投稿者:バリアント  投稿日:2017年11月13日(月)05時53分25秒
  マリンキッド様
船外機は、バッテリーの寿命で電圧が下がると3000回転でリミッターが働くのでしょうか?そ実際バッテリー容量は、下がってました。充電しても上がりません。船外機側のオルタネーターが悪く、バッテリーが下がったとわ考えにくいですか?ちなみにバッテリーは何年も交換していないです。
 

オーバーヒートについて

 投稿者:Dt-55  投稿日:2017年11月12日(日)21時39分23秒
  そうですか ありがとうございます
インペラ交換して チャレンジしようと思ったのですが 深刻なようですね
愛着はあるのですが あきらめます
ショックがでかいのと 自業自得ですね
10年前も相談にのっていただき ありがとうございます。 素人の私には心強い場所です
また 宜しくお願いします
 

Re:オーバーヒート

 投稿者:マリンキッド  投稿日:2017年11月12日(日)21時16分50秒
  この機種のエンジンはオーバーヒートするとブザーが鳴り、モニターゲージ(タコメータの近くにある丸いオイルメータ)の中にある赤いランプが点灯し、エンジン回転が3000rpmまで落ちます。白煙が上がったのは排水口から水蒸気(湯気)が出たのでしょう。現在、セルは回ってもエンジンスタートしないとしたら、オーバーヒートによるダメージでシリンダとピストンが傷ついて、圧縮が落ちている可能性が大です。マリーナで圧縮を計測してもらってください。落ちていれば、修復は不可能と思ってください。

http://marinekidd.com/

 

オーバーヒートについてお願いします

 投稿者:Dt-55  投稿日:2017年11月12日(日)16時22分16秒
  長文になりますが お願いします
昨日の事ですが スズキDT-55 を長年保持してるものです 排水口は常に気にしてるのですが
横の検水口は よくつまり、一度 バックに入れると
今までは 横の検水口からも確認出来たのですが
昨日は 水の出てるのがポタポタ程度で
おかしく感じたのですが、そのまま走行しました
海まで河川を45分位走ります
河川で 助かりましたが
二度ほど 回転が下がりましたが 全開走行が
3秒ほど 回転が下がったので 燃料タンクに水でも入ったのかと思い そのまま走行したところ
警告音が ピーと 短音で聞こえ エンジンが止まりました ロアケース付近から 白煙があがりました
 その後 キーを回すと ピーとなり
エンジンを かけずに 補機で無事に帰ってこれました。 マリーナでセルは回してみましたが エンジンはかかりませんでした 警告音はなくなりセルは回る
状態です インペラの焼けつく煙でしょうか?
エンジンのオーバーヒートでしょうか?
乗る 一週間前に 陸上でウォッシャーポンプが緩い状態でエンジンを回してしまい 10秒位 排水口を見て
きつく装置して 水が出ました
その時の事が 非常に頭にひっかかてます
どうすれば 宜しいでしょうか?
マリーナは 古いから 乗せかえをすすめられてます
 

DF140

 投稿者:kkunio  投稿日:2017年11月 8日(水)20時55分22秒
  マリンキッド様 指摘いただいた場所の冷却水と排気ガスもれは、ありませんでした。
インジェクションの廻りを確認しましたら3番目の電線のカプラーが外れかけていました、それをきちんとはめ込み運転してみたら警報は鳴らなくなり、回転数も6000まで回るようになりました。どうして外れかけたのか疑問は残りますが、問題解決できたことに大変感謝いたしております。またよろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/216