teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今日のベンチプレス

 投稿者:MASAO.HG  投稿日:2017年12月27日(水)22時29分27秒
  12月9日(土) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10 (足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x5 ここからインタ5分
145㎏x5
145㎏x5
145㎏x5 ギリギリ5回
145㎏x4 ギリギリ4回
145㎏x3 トータル145㎏27レップス 何だか弱りきっている


12月12日(火) GG町田にて

ベンチプレス

65㎏x10(足上げナロー 止め) 以下同
105㎏x6
145㎏x2
170㎏x1
175㎏x1 重い
155㎏x3 ここからインタ5分
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3 ギリギリ3回
155㎏x2 トータル155㎏14レップス
125㎏x4(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x5
125㎏x5
125㎏x5


12月14日(木) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x5 ここからインタ5分
145㎏x5
145㎏x5
145㎏x5
145㎏x4 最後に失速
145㎏x1 インタ1分で これでトータル145㎏25レップス


12月16日(土) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
170㎏x1 重い
155㎏x3 ここからインタ5分 3回ギリギリ
150㎏x3 155㎏があまりにも重いので、5㎏減量
150㎏x3
150㎏x3
150㎏x3
150㎏x3 トータル150㎏(155㎏含む)18レップス


12月19日(火) GG町田にて

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
170㎏x1
175㎏x1 重いけど挙がった。
155㎏x3 ここからインタ5分
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3 トータル155㎏15レップス
125㎏x6(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x6
125㎏x6


12月23日(土) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
170㎏x1
175㎏x1 ギリギリ
160㎏x3 ここからインタ5分 今日から5㎏増量
160㎏x3
160㎏x3
160㎏x3
160㎏x2 トータル160㎏14レップス 意外と調子良かった。
125㎏x5(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x5
125㎏x5
125㎏x5


12月26日(火) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
170㎏x1
177.5㎏x1 マズマズ 目標の180㎏まであと少し
160㎏x3 ここからインタ5分 重い
160㎏x3
160㎏x3 ギリギリ3回
160㎏x2
160㎏x2 トータル160㎏13レップス
125㎏x4(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x5
125㎏x4
105㎏x9

ようやく本調子に戻りつつあります。
年内目標だった足上げナロー180㎏まであと少し。
もう一回ぐらい年内にトレーニング出来ると思いますので、調子良ければトライしてみたいです。

有馬記念、僕の予想通り、キタサンブラックが見事有終の美を飾りました。
但し、2着が・・・・・・・・(><)
ルメール騎手が有馬記念と相性が良いのは知っていましたが(2012年有馬記念では10番人気オーシャンブルーでお世話になった)、クイーンズリングは前走エリザベス女王杯7着ですし、有利な内枠とは言えちょっと買えなかったです。
でもまあ、スワーヴリチャード斜行の煽りをもろに受けたシュヴァルグランが2着に来ていたレースだったと思いますが、これも競馬ですね^^;
馬券は惜しくも外れましたが、キタサンブラック勝利には感動しました。流石、持っている馬です。何だかキタサンブラックに勝ってくださいみたいなレース展開でしたが(笑)。

これで、MASAO.HGのGⅠ大予想下期結果は、

投資金額 110,000円
回収金額 170,000円

60,000円の黒字決算となりました。

ところが、上期はマイナス120,000円というこのコーナー開始して以来のワースト記録を樹立した影響で、年間トータルはマイナス60,000円の赤字となりました。

でもまあ、前半戦の大不振を考えると、よくぞ盛り返した感じがします。
来年は年間黒字目指して頑張ります!!
でも、毎年競馬が難しくなってきている感じがします^^;
 
 

(無題)

 投稿者:MASAO.HG  投稿日:2017年12月23日(土)21時37分45秒
  なかさん。
今年も予想にお付き合いして下さいまして、有難うございました。
そう、今年の世相を表す漢字は「北」ですよね。
ですから、キタサンブラックにとっては追い風ですね。
何だか、ここまで来たらキタサンブラック勝たないとしらけそうです^^;
中々ジムでお会いできませんが、よろしくお願い致します。
 

MASAO.HGのGⅠ大予想 2017年最終戦 有馬記念特別号

 投稿者:MASAO.HG  投稿日:2017年12月23日(土)21時23分43秒
  >やっさん様

今年も予想にお付き合いして下さいまして有難うございました。
僕もホープフルS、東京大賞典の日は仕事なので買いに行けません(><)。
キタサンブラックには是非勝ってもらって、最後は盛り上げて欲しいですね。


第62回 有馬記念 中山競馬場 芝2500m

◎  2 キタサンブラック
○ 14 スワーヴリチャード
▲ 10 シュヴァルグラン
△ 13 ミッキークイーン
△  8 レインボーライン

馬連 2-14 4千円 2-10 3千円 2-13 2千円 2-8 1千円
合計 1万円
◎の連軸 75% 自信度 A


朝日杯FSは◎▲で的中!!配当は安いですが^^;16,500円獲得しました。
これで下期合計獲得金額はジャスト170,000円となり、60,000円以上の黒字が確定しました。
年間トータルではあと60,100円必要なので、年間黒字達成は断念となりましたが、前半の大不振からすれば、よくぞ盛り返した感じがします。

それにしても、朝日杯を勝ったダノンプレミアムは強いですね!!
正に、横綱相撲でした。
レース振りから、クラシックでも十分通用しそうですし、ワグネリアンの良いライバルになりそうです。


いよいよ今年も、年末ジャンボ宝くじと並んで暮れの風物詩である有馬記念のレースがやってきました。
日本で一番馬券の売れるレースである有馬記念。
普段全く馬券を購入しない人も、有馬記念だけは馬券を購入するといった人が沢山いらっしゃいます。
かく言う僕も、その中の一人でした。
元々競馬は嫌いで、有馬記念は周りに勧められてしぶしぶ買っていたのですが、1993年有馬記念トウカイテイオーの奇跡の復活に感動して(枠連でしたが的中)、以来どっぷりと嵌ってしまいました^^;
まあ、これは毎年書いていることですが(笑)。
以来、競馬を猛勉強して?今日に至っています。
競馬キャリア24年のMASAO.HGが、これまでの経験を生かして、渾身の予想をします。

有馬記念といえば、お祭り的な雰囲気のあるレース。
ということは、「祭り」のヒット曲で有名な、某超大物演歌歌手の所有馬であるキタサンブラックの本命で決まりです。
まあ、そんなに単純な発想で決めてはいませんが(笑)。

GⅠ6勝と後世に名を残す歴史的名馬となったキタサンブラックも、今回の有馬記念がラストラン。
正直、外枠引いたら本命にするの躊躇いました。
今秋も、天皇賞秋1着、ジャパンカップ3着と相変わらず健在振りをアピールするも、どちらも体力消耗の激しいレースだったので、疲れを懸念していました。
ところが、JRA陰謀説も出ているぐらいに、今回も有利な内枠を引いたのは、この馬が「持っている」からでしょう。
これで、僕の迷いも吹っ飛びました。最高のお膳立てが整ったここで勝たなきゃ漢ではないでしょう!!
やはりキタサンブラックが勝ってこそ有馬記念が盛り上がる。JRA陰謀説も考慮して(笑)本命にしました。
現在単勝オッズ1.8倍が示すように、圧倒的な一番人気に推されているキタサンブラック。
何故?こんなに人気があるのか?というと、それは、決してエリートではない雑草魂の塊みたいな馬だからでしょう。判官びいきの日本人の心をくすぐる馬だと思います。
先ず、血統が地味。かなり安い馬だったと聞いています(言うまでもなくオーナーは超大金持ちですが)。
正直、この馬が3歳ぐらいの時は、重賞で好走しても、「どうせまぐれだろう」と思っていました。
その概念が覆ったのが、意外にも3着に敗れた去年の宝塚記念です。
ハイペースで逃げて普通なら大敗しているところを、当時最強と謳われたデュラメンテとは首差しか離れておらず、間違いなく一番強い競馬をしていました。
雑草魂だからこそ持っている勝負根性は一級品。僕も決してエリート街道を通って来た訳ではないので、どうしても応援したくなります。
最後も強いキタサンブラックで締めて欲しいと思っています。

対抗は、スワーヴリチャードにするか、シュヴァルグランにするかで悩みましたが、斤量で有利な3歳馬であるスワーヴリチャードを上位に評価しました。
秋は1戦しか走っていなく、体力消耗度ではほかの馬よりかは上。その一戦のアルゼンチン共和国杯は強い勝ち方でした。騎手は今年のGⅠ6勝と神騎乗のミルコ・デムーロ騎手は心強いです。
唯一の懸念材料は、左回りに良績が集中していること(中山は右回り)。右回りの皐月賞で6着に敗れたとき、当時騎乗していた四位騎手が「左回りの方が良い馬」と言っていました。
中山芝2500mでは不利と言われている外枠に関しましては、むしろこの馬にとっては好都合だと思っています。

単穴は今年のジャパンCを制し、GⅠホースの仲間入りをしたシュヴァルグランです。
こちらは、姉妹がGⅠホースという良血馬。オーナーは大魔神の異名を持つ元横浜ベイスターズ不動の守護神です。
今まで勝ち味に遅い印象でしたが、ジャパンカップは強かったです。
この馬も、中山よりも東京コース向きで、一瞬の切れよりも、長く良い脚を使うタイプ。
スタミナは十分あるので、タフな展開となれば浮上しそうです。

大概、この3頭で決まりそうですが、連穴には穴っぽいところを選びました。

今年は牝馬(女馬)4頭が出走していますが、最近の同レースにおける牝馬の活躍を見ると、やはり無視出来ません。
その中で実績ナンバー1なのが、GⅠ2勝のミッキークイーン。去年の有馬記念5着、今年の宝塚記念3着と、牡馬(男馬)に交じっても健闘しています。
但し、エンジンの掛かりが遅いので、中山みたいな小回りコースは不向き。
また4~5着のイメージですが、それでも連穴に推したのは、ただ単にこの馬が個人的に好きだからです(笑)。
まあ、有馬記念は応援馬券があってもよいでしょう。今回はそれほど人気にならないから、思い切った騎乗もできそうですし。

流石は、グランプリレースとだけあって、穴候補は沢山います。
正直、どれが来ても納得せざるを得ないのでしょうが、レインボーラインが面白そうです。
距離は1600~3000mで好走していることから守備範囲は広め、裏を返せば掴み処のない馬なのですが、大体人気以上の着順で終わっています。前走のジャパンCでも上がり3ハロン(最後の600m)最速ですし、インをつくのが上手い岩田騎手なので、穴をあけるとしたらこの馬かな?と思います。

キタサンブラックは意外にも、宝塚記念含めてグランプリレース(原則としてファン投票で出走を決めるレース)では4戦して未勝利。
最後は勝利の「祭り」を聴けるのか?注目です。

それでは、今年のMASAO.HGのGⅠ大予想は終了させていただきます。
皆様!!良いお年を!!

*今回、普段馬券購入しない方々の為に競馬専門用語にカッコで捕捉説明させていただきました。


 

G1予想

 投稿者:なか  投稿日:2017年12月23日(土)18時46分7秒
  朝日杯のダノンプレミアムは予想以上に強かったですね。的中おめでとうございます。

有馬記念
◎キタサンブラック
△スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、サトノクラウン、ヤマカツエース、ミッキークイーン
(馬連◎-△の5点)

さて有馬記念。今年からオーラスのG1ではありませんが、私はこれが締めです。
本命はやはりキタサンブラック。激戦の秋天JC後の叩き3戦目となる有馬では評価を下げる予定でしたが、今年の有馬はあまりにすべての風がキタサンに吹いている。
接戦を演じた去年の1、3着馬は出走せず、新興勢力はダービー2着馬くらい。
しかも内有利なレースで再び引いた1枠。有力外国人騎手騎乗馬はすべて外枠に。
世相的にもなぜかネガティブな漢字が選ばれた今年の漢字「北」。
北島三郎という大スターの元にようやく現れた稀代の名馬は全ての運を集めて引退レースを圧勝し「まつり」がクリスマスイブにこだまします。
馬券はキタサンから外国人騎手馬と去年の4、5着馬へ。ほとんど儲からないですが秋G1勝ち越しをかけて当たればOKです。

今年もこちらの掲示板にいろいろ書かせていただきありがとうございました。皆様良い有馬をお迎えください。
ジムでも引き続きよろしくお願いします。
 

やっさんの攻めの一撃!第62回有馬記念(G1)

 投稿者:やっさん  投稿日:2017年12月23日(土)14時36分12秒
  いよいよ有馬ですね!
結果次第ではホープフルステークスや東京大賞典には手を出さないつもりですので、しっかり獲りたいですね!!

予想。

◎ ②キタサンブラック
○ ⑩シュヴァルグラン
▲ ⑫サトノクラウン
△ ⑭スワーヴリチャード

買い目は馬連で、◎ー○40%、◎-▲△へ30%づつ。
 

MASAO.HGのGⅠ大予想

 投稿者:MASAO.HG  投稿日:2017年12月17日(日)09時18分30秒
  >なかさん。

2歳戦は不確定要素が多くて難しいですよね。
人間でいうと中学生ぐらいの年齢ですし。
有馬記念で待っております。

ジムでは何とか工夫して頑張っております。
ジム経営としては、より多くの会員さんを獲得することが望ましいとは思いますが、はっきり言って使用時間30分は初心者レベルですよね。
ゴールドジムの良さが薄れるような感じがします。
初心者用、中級者用、上級者用の3つに分けて、混雑しているときはお互いに譲り合って共用して使うのが望ましいと思います。


朝日杯フーチュリティーステークス 2歳馬限定 阪神競馬場 芝1600m

◎  1 ダノンプレミアム
○ 12 ダノンスマッシュ
▲ 10 ステルヴィオ
△  3 タワーオブロンドン
△  5 ケイアイノーテック

馬連 1-12 4千円 1-10 3千円 1-3 2千円 1-5 1千円
合計 1万円
◎の連軸 80% 自信度 A


阪神JF、本命に推していたロックディスタウンは9着と大敗して馬券を外してしまいました。
自分自身、関東馬の一番人気は疑う質ですが、目下関東馬3連勝中ですし、何も疑いなく本命に推してしまいました。
通常なら、ラッキーライラックと順番入れ替えていて、そしたら◎▲で的中だったのに!!
悔いが残るレースでした。

2歳馬王者決定戦として歴史のあるレースである朝日杯FS。
今年から中山芝2000mで行われるホープフルSがGⅠに昇格し、当然、クラシックの有力候補はクラシックディスタンスであるこちらのレースを目標とする訳で、毎年言い続けていることですが、益々このレースの存在意義が薄れそうです。

2歳馬決定戦というよりかは、むしろ、2歳馬マイル王決定戦という感じがします。
そんなこんなで、低レベルの争いを懸念していましたが、意外にも?5頭の重賞ウイナーが参戦して中々見応えのあるレースとなりました。

本命は、2戦2勝のダノンプレミアムの力が頭一つ抜けている感じがします。
前走は好位から抜け出して横綱相撲でレコード勝ち。このレースと相性の良い東京芝1600mでの勝利も評価高いです。
レース振りから、クラシックを狙える器だと感じました。
本来なら、暮れのホープフルSに進むべきの馬かも知れませんが、名よりも実を取った感じがしないでもないです。
ここで賞金を加算出来れば、日本ダービーまでクラシック出走は安泰ですし。
まず負けられない戦いになりそうです。

対抗以下はやや混戦。◎と同一馬主でやや考えづらい面もありますが、ダノンスマッシュに魅力を感じ対抗に推しました。
1400mのレースしか走ってないのは気がかりですが、レース振りからマイルはむしろ向く印象があります。
レースセンスでは◎にも引けを取りません。

単穴は前走で◎の2着だったステルヴィオです。
とにかく末脚は一級品。前走の上り3ハロンは◎より0秒9も上回っていました。
そして何より、このレースで一番人気だった馬はこの馬。展開次第では逆転も考えられます。
でも、最後は◎が首差凌ぎそうですが。

連穴は唯一の3勝馬であるタワーオブロンドンです。
マイルの距離は未経験ながらも、ハイペース、スローペース何方とも1着と結果を残していることから、一介の短距離馬でないことは確かです。
藤沢和厩舎、ルメール騎手で2番人気必至。でも、この手のタイプはどうも買いづらいんですよねぇ~。
的中してもチャラ上等ということで、抑えの評価とします。

穴としては、1勝馬ながら唯一の阪神芝1600mで勝利経験(しかも時計のかかる阪神芝で上り3ハロン33秒5)があり、このレースで実績のあるディープインパクト産駒であるケイアイノーテックが面白いです。
プラス22㎏で臨んだ前走は明らかに叩き台。上積みが見込めそうです。

ここは確実に獲って、オーラスの有馬記念に弾みをつけたいですね。
 

次は有馬でお邪魔します

 投稿者:なか  投稿日:2017年12月10日(日)09時21分55秒
  お疲れ様です。
最近ジムでお会いできないので心配していましたが、ばっちり挙げているようで良かったです。
ほんと昔からの人に全然会わないんですよね。
混んでいるのもそうですが不可解なルールが急に増えたからではないかと思います。

2歳戦G1は買わないのですが、買うとしたらやはり唯一の外国人騎手のロックディスタウンから。
リリーノーブル、ラッキーライラック、マウレアへ行くと思います。ご健闘をお祈りいたします。
ホープフルSがG1になったから朝日杯なんて有力馬集まるのかなと思ってしまいますが、
今年こそ武豊全G1制覇なるか、は少し注目です。

なんとかチャレンジCは当たったので、秋のG1はスプリンターズから敗勝敗勝敗勝敗勝。
有馬で全てが決まります。次は有馬でお邪魔します。
寒いですがお身体にお気をつけて。
 

今日のベンチプレス

 投稿者:MASAO.HG  投稿日:2017年12月 9日(土)19時24分16秒
  最近、トレーニング日記が滞っていて、トレーニングしてますか?と心配されてしまいました。
元気にトレーニングしています。スミマセン^^;


11月15日(水) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
152.5㎏x3 ここからインタ5分
152.5㎏x3
152.5㎏x3
152.5㎏x3
152.5㎏x3 最後はギリギリも、何とか3回5セット達成。
125㎏x4(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x3
125㎏x3
125㎏x3
125㎏x3


11月18日(土) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
165㎏x1 まだ重い^^;
170㎏x1
152.5㎏x3 ここからインタ5分
152.5㎏x3
152.5㎏x3
152.5㎏x3
152.5㎏x3 最後はギリギリも、3回5セット達成。
125㎏x3(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x3
125㎏x4


11月21日(火) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
165㎏x1
170㎏x1 超ギリギリ^^;
152.5㎏x3 ここからインタ5分
152.5㎏x3
152.5㎏x3
152.5㎏x3
152.5㎏x3 ギリギリながらも、3回5セット達成。
125㎏x3(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x3
125㎏x3
125㎏x4


11月24日(金) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
170㎏x1 今日は軽かった
155㎏x3 ここからインタ5分
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3 最後はギリギリも、前回より2.5㎏増量で3回5セット達成。
125㎏x4(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x4
125㎏x4
125㎏x4


11月27日(月) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏x10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏x10
105㎏x6
145㎏x2
170㎏x1 まずまず
175㎏x1 超ギリギリ
155㎏x3 ここからインタ5分
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x2 トータル155㎏14レップス


11月30日(木) GG町田にて

ベンチプレス

100㎏x6(足上げナロー 止め)以下同
140㎏x2
170㎏x1
175㎏x1 相変わらずギリギリも、前回よりは良い。
155㎏x3 ここからインタ5分
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3 3回5セット達成。
125㎏x4(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏x4
125㎏x4
125㎏x5


12月7日(木) GG町田にて

ベンチプレス

25㎏X10(足上げナロー 止め)以下同
65㎏X10
105㎏x6
145㎏X2
170㎏X1 江戸川ベンチの反動で?重い。
155㎏X3 ここからインタ5分
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x3
155㎏x2 3回目無理そうなのでやめる。 トータル155㎏14レップス
125㎏x4(足上げ超ナロー 止め)以下同
125㎏X4
125㎏X4


ジャパンクラシックベンチ、神奈川大会の疲れも癒え、少しずつですが調子は良くなっています。
12月2日には、江戸川ベンチ(非公式大会)で180㎏に成功しました。
180㎏挙げるの、練習含めて去年の3月に行われたジャパンクラシック高知大会以来ですから、何と!!1年9ヵ月ぶりです。
この件に関しましては、後日書きます。
 

MASAO.HGのGⅠ大予想

 投稿者:MASAO.HG  投稿日:2017年12月 9日(土)18時43分33秒
  >なかさん。

予想有難うございました。
そして、見事的中おめでとうございます!!
ゴールドドリーム本命とは、恐れ入りました。
なかさんの予想に乗れば良かったです。


阪神ジュベナイルフィリーズ 2歳牝馬限定 阪神競馬場 芝1600m

◎ 18 ロックディスタウン
○ 11 ラッキーライラック
▲  7 リリーノーブル
△  4 マウレア
△ 12 ソシアルクラブ

馬連 11-18 4千円 7-18 3千円 4-18 2千円 12-18 1千円
合計 1万円
◎の連軸 75% 自信度 A

先ずは先週のチャンピオンズC。今年の中央ダートGⅠフェブラリーSの覇者でありながら、8番人気の低評価を見事覆してゴールドドリームが優勝しました。
近走は不振でしたし、鞍上ムーア騎手も同レース不振ですので、僕は全くの無印でした^^;
僕が本命に推したサウンドトゥルーが全く良いところがなかった様に、典型的なスローの前残りのレース。
それを、唯一後方から差し切ったゴールドドリームはかなり強いです。
そんな馬が、2月フェブラリーS以降惨敗し続けていたのが不思議です。
要はムラ馬なんでしょうけれど、真面目に走れば今のダート界では無敵だと思います。

ムラ馬というか、やんちゃな馬で思いつくのが、最近では、ディープインパクト以来の3歳クラシック3冠馬となったオルフェーヴルが思いつきます。
最も、オルフェーヴルが惨敗したのは、謎の11着に終わった天皇賞春ぐらいなんですけど。

その記録にも記憶にも残るオルフェーヴルも引退して、今では立派な子供を量産する種牡馬となりました。
初年度産駒となる今年、このレースに2頭の有力馬を送り出しました。

ロックディスタウンとラッキーライラック。共に2戦2勝で無敗の重賞ウイナー、おそらく1番人気、2番人気を分け合うと思います。

本命は、ロックディスタウンの方にしました。
新馬戦では、後のGⅢ2着馬を負かし、毎年好メンバーが揃う札幌2歳Sでも危なげなく勝ち切り、現時点では実力は一枚上だと思います。
特に、新馬戦で見せた上がり3ハロン32秒5は秀逸です。
長距離輸送を課せられる関東馬、大外枠という不安材料もありますが、このレースは関東馬が3連勝中ですし、大外枠も改修工事以降はそれほど不利ではなくなってきました(以前は不利でしたが)。

そして、ラッキーライラックを対抗に推します。
レースセンスもあり、このレースには好相性のアルテミスS1着もポイント高いです。

上記2頭の他にも、今年は2戦2勝の無敗馬が2頭出走しています。
リリーノーブルとマウレア、共に前走が1600mというところも良いですね。
この2頭は実力の甲乙がつけ難く、ほぼ互角の評価ですが、やはり地の利がある関西馬ということで、リリーノーブルを単穴評価としました。

そして、まだ1回しかレースに出走しておらず、上記4頭にどこまで通用するか未知数ですが、名牝GⅠ5勝ブエナビスタ(個人的にファンでした)の子供であるソシアルクラブも侮れません。新馬戦を見た限りでは、最後の末脚は母を彷彿させるものがありましたが。

配当はあまり期待出来ませんが、今回はきっちり取っておきたいですね。
 

G1予想

 投稿者:なか  投稿日:2017年12月 2日(土)22時44分9秒
  ほんとJCは惜しかったですね。改めて外国人騎手は軽視できないなと。

チャンピオンズC
◎ゴールドドリーム
○ケイティブレイブ
▲サウンドトゥルー
△テイエムジンソク、ノンコノユメ、アウォーディー
(馬連◎○▲の三角買いと◎-△の6点)

今回のメンバーで外国人騎手で一発ありそうなムーアのゴールドドリームから。
 

レンタル掲示板
/240