teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ブランド偽物(0)
  2. ブランド製偽ウェブサイト [2chbag.com](0)
  3. hotブランド (0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:17/1997 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第14話 ジョブ習得の為の弾丸ラーニング兼メタモルツアースタート!!

 投稿者:ふしぎ星!  投稿日:2016年 8月 2日(火)17時37分23秒
  通報 返信・引用
  17・僕はその後元の姿に戻ったが、まだ少し心臓がドキドキしている・・・
「あ、あんなにもデリケートゾーンをアップで見たら誰だって驚くよなぁ・・・よし!気を取り直して次のジョブをラーニングするぞ!」そう言って僕はトイレを出た後次に向かった先は___

「よし、次はブランドメーカーを取り扱う貴金属類のフロアに移動だ!そこでの売り場店員になるぞ!」エスカレーターで移動し、いざフロア内へ入った。僕は何気に店員に商品の詳細等を聞き、話が終わると忘れない内に今度は急いで別の多目的トイレへ入った。そして、そこでメタモル体勢に入り、変身した。

鏡を見るとそこには___あれ?この人誰?・・・と思う位の美女がそこにはいたのだ!
「自分なのに、やっぱりうっとりしちゃうなぁ~~(・ω^)なんて・・・」
少しだけ自分の体を触った後、僕は元の姿に戻り、次の場所へと向かった!

「やっぱ次は一流ホテルだよなぁ!その中のフロントガールになるぞ!」
そう言って僕はフロントでナビゲートしてもらい、案内が終わると外からは見えないスマホブースに入ってロックをし、そこでフロントガールをイメージしてメタモル体勢に入り、変身した。

「うふふ、やっぱりこの姿はいいなぁ・・・ポッ♪」しばらくあたしはこの姿のままでいた。すると・・・突然背後からドアをノックする音が鳴り響いたのだった!!

<コンコン><コンコンコン>
<ビクッ!!>
「すいませーん、空いてますか?」外で待っていたゲストが尋ねてきたのだ!!
「あ、は、ハイ!!今出ます!!どうもお待たせ致しました!」
「どうも。」あたしは急いでブースを出て、ゲストと入れ替わった!!
び、びっくりしたーーー!!一瞬ホテルのオーナーかと思ったわ・・・
あたしはこうしちゃいられないと一目散にホテルの最上階の多目的トイレへと移動し、そこで元の姿に戻った!
「ハァ~~油断もスキもありゃしない・・・」僕は額に大汗を掻きながらホテルを後にした。

to be continewed
 
 
》記事一覧表示

新着順:17/1997 《前のページ | 次のページ》
/1997