teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


チロルfut.しろくま

 投稿者:シャチ  投稿日:2010年 6月13日(日)16時24分31秒
返信・引用
  今年の夏はこんなん出てました。
「し」もありましたが、食べちゃいました。すんません^^;

http://ttibikoro.blog94.fc2.com/

 
 

夢をあきらめないアラフォー。

 投稿者:シャチ  投稿日:2010年 6月11日(金)13時24分36秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
最近、確かにmixiに流れておりました。
でも、ここって、ある意味原点なんですよね。
色々な。
なので、もっと大切にせなあかん!と思いました。
「にゃんこ愛」によってデジイチ使い初めて早3年半。
加藤さんをはじめ、様々な人たちに支えられて続けてきました。
今年、偶然出会った知人がきっかけで、本格的に写真の基礎から学び始めました。
ポスカの販売も出来ることになりました。
とにかく自分の「あきらめない」っていう気持ちをベースにやってくしかないなって。
その気持ちがあったからこそ、知人は私のど~しよ~もない疑問質問に答えてくれるのだと思います。
あと半月で43歳だけど、まだまだ~。
60になっても70になっても続けるで~!
だから、焦らず、一つずつクリアしていけばいいんです。(これ、自分に言ってます^^;)
猫さんも、もし、今、写真の専門学校に行けなくても、あきらめないでいればいつか進めますよ。
無理せず、自分を大切にしてくださいね。
自分大切=家族や自分に携わる人たちも大切にするということだと思います。
感謝の気持ちを忘れずに、一緒に夢を追いかけましょうね♪

http://ttibikoro.blog94.fc2.com/

 

ご無沙汰でございます

 投稿者:チョコ  投稿日:2010年 6月 6日(日)00時38分12秒
返信・引用
  うわっ、みなさんmixiとかに流れて、こっちは過疎ってたのですか…
かくいう私も、パソコンをゆっくり使う時間がないのと、
ついつい簡単なアイフォンに走ったせいで
こちらにお邪魔するのは本当に久しぶりで…

ねこちゃん、もう高三なんですね~(と、月日の流れに驚くオバサンです)
だって、中学生の可愛い書き込み…という意識があったので…
でも、ここで知り合ったエコさんとこなんて、赤ちゃんがお腹にいるときからで
いまや、元気な幼稚園児なんだから(そして我が子は生意気な中学2年生)当たり前か…苦笑

高校生の時には将来の自分なんて、全然イメージできていなかったです。
大学受験するとなったら、もうその学校選びだけで手一杯になって
教師になりたいと思ってたけど、ひどい話、科目すら決めてなかった(爆)
実際、大学に入ってから、英語と国語の教育法、ラテン語、学芸員実習、図書館司書講座…
とにかく、闇雲に手探りで、行きたい道を探っていただけでした。
好きなことは音楽。うたうこと。
でも、それはお金にならない(身につけるのにはお金がいるのに!)と早々に諦めた私。

結果として、思い通りの地元の私学教員になったけれど、現実は甘くない…
激務で心身ともに参ってしまい、しばらく休養して今は非常勤で別のところで働いています。
でも、音楽に関しては、日曜日に子どもたちに讃美歌を教えるという場所を与えられました。
お金には全然ならないけれど、教えることが好きで、音楽が好きな私に与えられたシアワセだと思っています。

お金にするには、体を壊してでも無茶をするとか、或いは体が続かなくなったら諦めなければならないというリスクもついて回りますよね。(たかが教師でもそうなんですから)
だけど、好きなことでとどめておくと、自分のペースで、ずっと好きでいられる、続けられる…ということがあるというのを、40過ぎて悟ったオバサンもココにおります(笑)

明日も、日曜学校で讃美歌練習、してきま~す♪

http://ameblo.jp/sumire-1110/

 

My measure

 投稿者:BLUE DOLPHIN  投稿日:2010年 5月19日(水)02時35分3秒
返信・引用
  何が正解なんて分からない
どれか一つだけってことみない
いま自分のものさしで歩いてゆこう
そうすれば 涙こぼれても we're just fine

分かるのは途切れない自分の気持ち
まだまだやれるんだ、ってもがいてるの
もっともっと ゆけるだけ
This is my measure, all by my measure

song by lecca

まっ、聴いてみて・・・
 

いえ、むしろ

 投稿者:綾乃庵  投稿日:2010年 5月13日(木)11時13分44秒
返信・引用
  >ナマイキ猫さん

決して専門学校に反対というのではなく、
むしろ今のうちに専門学校へ行く方がいいと思います。

働き出してから趣味程度で勉強するのはお稽古事感覚でできますが
イチから学ぶのは実際かなりそうとうとても難しいです。
学生時代は失敗したってやり直しできますが、
就職の失敗は生活かかってくる分、やり直すのに犠牲を伴うものも出てきます。

それにカメラの未練を残しながらソレナリの一般的な学校へ行くよりも
とことん追求してカメラの道へ進むか趣味で終わるかを専門学校で見極めるのもいいかもしれないし、
大学の写真部に入るのも無難かもしれません。
…で、見切りをつけられなくて大学卒業後にまた専門学校へ行ったりして!?

いろいろ余計に惑わすような発言をしてしまってますが
進路についてじっくり悩めるなんて今のうちなので、
なるべく多くの人に相談してみてくださいね。

http://ayano-ann.blog.eonet.jp

 

いえいえ

 投稿者:ナマイキ猫  投稿日:2010年 5月 7日(金)20時02分2秒
返信・引用
  こんばんは綾乃庵さん。
何だかちゃんとお話するのは初めてなような気が…

綾乃庵さんのおっしゃることごもっともです(+_+)
確かに写真学校を経たなければならないこともないんですよね。
学校の先生にも就職して、働いて得たお金で学ぶことも出来ると言われました。
でももし親が折れてくれて学校行く事になったら苦労かける以上失敗も出来んし、、、

ん~何か私的なことをだらだらとすいませんでした。
綾乃庵さんのお話も参考になったし、なるだけ自分のできることからやっていきたいと思います。ありがとうございました!
 

横ヤリ失礼します

 投稿者:綾乃庵  投稿日:2010年 5月 7日(金)17時58分43秒
返信・引用
  おぉぉ、いつの間にか沈黙が破られていたのですね。


ナマイキ猫さんのお悩みに今更横ツッコミですが

専門学校に行く→専門職に就く
と決めてしまわなくてもいいんじゃないですか?
国文学科に行く人が皆国語教師を目指してる訳じゃなし、
加藤センセイのように、巡り巡ってカメラの道にきたように
カメラの学校へ行ったけど弁護士になっちゃうかもです。

まぁ、親御さんにすれば心配して反対するのはもっともですし
学費は出世払いで就職してから返済していくので学校に行かせてぇぇぇ!
と説得するのも1案です。

ちなみに、アタシはOLならぬコワモテ事務員ですが
いい時は好きな事でお金がもらえるというのは素晴らしいことですが
悪い時は生活のために好きなことをお金で切り売りせねばならん
というのが紙一重だと思っています。

http://ayano-ann.blog.eonet.jp

 

ありがとうございます。

 投稿者:ナマイキ猫  投稿日:2010年 5月 3日(月)11時01分29秒
返信・引用
  御忙しいのに御返事頂けて嬉しかったです。
どうもありがとうございます。
ずーっと書込みなしの記録を私が破ってしまったのですね(笑


加藤先生の人生については聞いた事がなかったので、正直びっくりしました。
なんとな~く苦労されている方なんだろうなあとは察していたのですが(笑)、
デザイン事務所に入られた時の話とか想像以上でした。
でも加藤先生はそれでも全く後悔されてなくて、自分の好きなことで生活で来て居るなんてすごいな、幸せだなと思います。
だからこそ先生の撮った写真に惹かれるのかなとも思ったりしました。


6月に学校で三者面談があります。
きっとそのときにはもう決着がついているのではないかと思います…笑
加藤先生の仰るように厳しい世界だし、親にもたくさん迷惑をかけてしまうとわかっているのに、それしか頭にない私ってわがままなのかなあ。世間から見たら現実見れてない子供なのかなあ、なんて思ったりしますが、でもわがままならわがままなりに自分が出来る事を精一杯やってみたいって気持ちも本当です。
ああ、何か考え過ぎてうまくまとまらなくて、変な日本語になってますね…笑


先生の御話聞けて本当に良かったです。
有難うございました!
 

猫さんへ

 投稿者:BLUE DOLPHIN  投稿日:2010年 5月 2日(日)02時21分59秒
返信・引用
  猫さん、お元気ですか?
今年になって、猫さんが初めての書き込みですよ。それまでず~っと誰の書き込みも無し。
この記録いつまで続くか楽しんでました。4ケ月間の記録達成です。

さてさて、それはおいといて、これからの進路についてですね。
僕の学生時代は絵が好きな高校生で美術部に入ってましたが、進路を決めるにあたり
もひとつ得意だった英語のほうを選択するほうが絵を描いて生活するより現実的だったので
英語の大学へと進学しました。だけど、英語は得意でも英語を活かした仕事って何?と考えたら・・・
先生、貿易、商社マン、通訳・・・どれも全く興味ナシ。
なので、大学卒業して、デザイン会社の門を叩きました。だけど、英語の大学出て、なんでデザイン会社?
みたいにいぶかるとこばっかで片っ端から門前払い。
それでも、デザインの中でも下っ端の下っ端な作業やってる会社に入り込めました。
夜10時まで毎日仕事、休みは日曜だけ。給料は一ヶ月10万円切ってました。
大学時代の友人は、そんな僕を理解に苦しんでましたが、僕本人は嬉しくて苦と思わなかったです。
それから会社を転々として、ステップアップを重ね数年かけてデザイナーとしての仕事をこなしてました。
自分がなりたいものに到達したにもかかわらず、理想とずれて運ばれてくる仕事を淡々とこなす日々。
ハードワークで体も壊し気味で、疲れ果てておりました。
そんな中、とある写真関係の事務所の求人募集を偶然発見し、ダメもとで受けたらすんなり受かり
そこで働くことに。
プロの写真家さんと話したりアドバイスしたり、そのうち彼らよりももっといい写真撮れるのになあと
自分でも写真を本格的に撮るようになり、実際それが副業にもなり、写真の世界に入っていきました。
そこで止めておけばいいものの、やはり自分は写真家になりたいと決意し、会社を辞め独立した訳です。

と、ざっくりこんな人生です。
写真家になった今、正直キツイし、しんどいですよ。お勤めのほうがどれほど楽だったか。
それでも後悔はありません。一生ほどほどの生活に満足して終わるより、飛び出して正解だったと思います。
人生は一度きり。自分のやりたい事をやりましょう。

と書いていったから、よし進路は写真で行くぞという方に傾いたかもしれません。
でも、そこには厳しい現実というものが当然待ってます。こんな自分もまだまだ壁だらけです。
ご両親が心配するのも理解できます。僕も親の立場なら同じように反対してるかもです。
それでも、どうしても写真家になりたいという熱意があれば伝わるはずです。
それが迷ったりぐらついたりであれば、なかなか説得しても無理だと思います。

決意が揺らがないのであれば、それに向けてまっしぐら突き進む。
これが一番だけど、もしまだ迷いがあるなら趣味から始めるとか、諦めずに続けていくこと。
まだ若いんだから修正はいつでも何度でも出来るよ。

頑張ってね~
 

御無沙汰してます。

 投稿者:ナマイキ猫  投稿日:2010年 4月30日(金)21時38分44秒
返信・引用
  今晩は!御久し振りです!猫です!

かなり時間を開けての書き込みになりますが…
みなさん私のことは覚えておられるでしょうか?笑

今日書込みをしたのは実は加藤先生にご相談がありまして…

私は今年高校3年生で進路を決めなくてはならないんです。
中学校の時に加藤先生の写真を見て以来ずっと写真家になりたくて
進路も東京の写真専門学校に進学したいと思ってたんですが。。
簡潔に言ってしまえば親に反対されてしまいました。
学費の問題もあるし、それ以上に親は写真かという職業で成功できるのかが心配なようで…
私も事実自分が写真学校に行って卒業して…いろいろな経験を経たとしても写真家として成功できるなんて断言できないし、親の言うことも解らないわけではないんです。
でもだからと言って諦めきれない…もう私これしか考えてなかったので…笑
いきなり出鼻を挫かれてしまいました。。。笑

加藤先生、もし宜しければ、加藤先生の学生時代のこととか卒業後の事とか、どんなことでもいいので先生の経験をお聞かせ願えませんか?
御忙しいところ本当に申し訳ありません。
いつでもいいので…
 

レンタル掲示板
/24